letras.top
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 #

letra de キャスタスペル (cast a spell) - ぐちり (guchiry)

Loading...

浅い眠りに魘されている 酷く惨く暗い夢を見ている
森の奥深く 誘われる 不気味で歪な夢を見ている
嘘吐き猫が口を開いた 「清く正しく素直であれ」と
集う群衆の影 皆揃って唱えている呪いの類い

– 不正をするよりも受けるがいい。 –

『キミの番だ』
踊れ踊れ 掌の上 マリオネットが如く夜を舞え
ほら御手を合わせて拝む 「神は死んだ、もう救いはない」
泳げ泳げ 蠱毒の群れ 罪に罰を 悪には裁きを下せ
十字を切って ただ祈るだけ

『×××××』

浅い眠りに魘されている 酷く惨く暗い夢を見ている
宛もなくただ迷路を巡る 疲れ果ててやがて目が覚める
時計の針は午前2、3時 寝汗に濡れるはだけた nightie
バルコニーじゃ物足りず 着替え済ませてリフレッシュ 夜の街を歩いてく

夜行徘徊 理想 夢想 幻想 架空の文字列を問う
惑う 明滅を繰り返している信号 歩道 向こうには死霊
思わず駆け出して逃げ込んだ児童遊園には黒い猫
「逃れられると思うなよ」 振り向けば夢で見た影の群れの合唱

– 視界を閉ざす前にまずその瞳を捧げよ。 –
– 無駄口を叩く前にまずその舌を捧げよ。 –
– 奪われる前にまずその腕を切り落とせ。 –
– 逃げ惑う脚などお前にはもう必要ない。 –

『震えて眠れ』

走れ走れ 回し車 鼠のように愚かにひたすらに
ほら額に手を当て拝む 「神は死んだ、もう救いはない」
眠れ眠れ 孤独に死ね 罪に罰を 悪には裁きを下せ
十字を切って ただ祈るだけ
探していた物はたったひとつだった 忘れられない記憶の欠片
醒めない悪夢を見続けている 朝も昼も夜も
無くしていた物をやっと見つけた それは曖昧な感情だった
故の取り替えせぬ過ちを 悔やみ続けている

眠れ

『茶番は終わりだ』

踊れ踊れ 掌の上 マリオネットが如く夜を舞え
ほら御手を合わせて告げる 「神は殺した、救いはない」
嗤え嗤え 冒涜の末 罪に罰を? ならば裁きを下す
十字を切って ただ祈るだけ

探していた物はたったひとつだった 忘れられない記憶の欠片
醒めない悪夢を見続けている 朝も昼も夜も
亡くしていた者をやっと見つけた それは曖昧な感情だった
故の取り替えせぬ過ちを 贖い続けている