letra de stick figure – radwimps

ねぇ
僕は人間じゃないんです
ほんとにごめんなさい

そっくりに出来ているもんで
よく間違われるのです
僕は人間じゃないんです
じゃあ何かと聞かれましても
それはそれで皆目
見当もつかないのです

見た目が人間なもんで
皆人並に相手してくれます
僕も期待に応えたくて
日々の努力を惜しまないのです
笑顔と同情と謙遜と自己犠牲、朝起床に優しさと
優に1億は超えそうな必要事項を生きるのです

しかしまったくもってその甲斐もなく
結局モノマネはモノマネでしかなく
一人、また一人と去ってゆき
人間が剥がれ落ちるのです

大切な人を幸せにしたり
面白くもないこと笑ってみたり
そのうち今どんな顔の自分か
分からなくなる始末です

僕は人間じゃないんです
ほんとにごめんなさい
そっくりに出来ているもんで
よく間違われるのです
僕は人間じゃないんです
じゃあ何かと聞かれましても
それはそれで皆目
見当もつかないのです

僕もいつの日かホントの
人間になれるんじゃないかなんて
そんな夢を見ていました
夢を見ていました

ほどよくテキトーに生きながら
ほどよく真面目に働きながら
全然大丈夫なフリしながら
たまに涙流しながら

手にいれた幸せは忘れるわ
自分のこと棚にあげるわ
怒らせ、苛つかせ、悲しませ
僕は一体誰なんですか?

どうせこんなことになるのなら
はじめから僕の姿形を
人間とは遥かほど遠いものに
してくれりゃよかったのに

誰かのために生きてみたいな
生まれた意味を遺してみたいな
この期に及んでまだ人間みたいなことを
ぬかしているのです

人間として初歩ちゅくの初歩を
何一つとしてできないままに
よくもまぁそんな気になれたもんだ
怒るのもごもっともです

僕は人間じゃないんです
ほんとにごめんなさい
そっくりに出来ているもんで
よく間違われるのです
僕も人間でいいんですか?
ねぇ誰か答えてよ
見よう見まねで生きてる
僕を許してくれますか

僕は人間じゃないんです
ほんとにごめんなさい
そっくりに出来ているもんで
バッタモンのわりですが
何度も諦めたつもりでも
人間でありたいのです

- letras de radwimps