letra de エンゼルフィッシュ (cut ver.) – plastic tree

甘い緑で脆弱に蝉は鳴いた
白い雲みたい 君の服はためいた
ばらまいて地図を捨てた

おどけてる僕を怒ったりしないでね

ひどく暑い午後 静かに狂った
高く気持ちは一途に成層圏へ
吸い込まれていく僕を君はそこで笑って見てて

そっと空を登って だんだん君が見えなくなって
ずっと眩暈のように夢を見ておかしくなった
低く飛行機が飛んで キラキラ機影がひらめいた
僕は魚になって
群青の空 ゆらり深く潜って
光の中泳いでゆく

- letras de plastic tree